クラウドファンディング終了まであと6日。「できる.agriコミュニティ」から生まれた、「ヌカモフ」で広まるあたたかさの輪。

「できる.agriコミュニティ」から生まれた、6次化プロジェクト商品「ヌカモフ」。通常、不要な部分として扱われることが多い「米ぬか」を、オフィスワーカー向けの「繰り返し使え、手入れの楽な温活グッズ」として活用、製品化しました。

昨年末の12月5日に開始したヌカモフのクラウドファンディングも終了まで残すところ6日となりました。現在57名の方々にご支援をいただいております。しかし、まだまだ達成までは遠い状況です!

実際に体験いただいた方には直接ヌカモフの良さを伝えられるのですが、全ての方にお試しいただくことは厳しいです。

そこで、今、実際に支援をしていただいている方の感想を一部になりますが、ご紹介いたします。

URL:https://camp-fire.jp/projects/view/108576

メディアの声

様々なメディアでご紹介いただいています。

・J-WAVE「SUNRISE FUNRISE」1月6日出演(山燕庵・杉原さん)

J-WAVEで毎週日曜朝6時から放送されている「SUNRISE FUNRISE」に、発起人である山燕庵の杉原さんが出演されました。

杉原さんの出演回はradiko.jp(ラジコ)にて1月13日まで聴取可能!こちらのリンクよりぜひアクセスくださいませ。

@DIME

発熱する癒しグッズとしてご紹介していただいています。

モノ・マガジン

ご使用いただいた感想を丁寧に紹介していただいています。

 ユーザーの声

『いまサンプル使わせてもらったけど、やばい!めっちゃ気持ちいい!!』

『今使わせてもらいました。最初はぬかってなんやねん。て思ってました。でも、これを肩に乗せるとあら不思議。自分が赤ちゃんになって聖母に包まれてる気分になりました。』

『低気圧の偏頭痛、眼精疲労、肩こり、寝付き悪い、冷え性の民は買うといいと思うよ…(お試しさせてもらったら爆睡できそうな予感しかなかった)』

『とてもよい。読んでいったらコンセプトも心地よくて。心も身体もあったかく過ごそう。』

『米ぬかとあまり布という、使い道の限られた、下手したらゴミになってしまうモノを結びつけて素敵な商品に仕上げた、その背景と企画に賛同の意味を込めて購入しました。あと、寒がりだから、ぬくぬく商品大好き。』

「ヌカモフ」を知っていただくための取り組み

12月14〜16日渋谷ストリームで行われた「渋南マーケット」に出店した際にも

様々な方に「ヌカモフ」を体験していただきました。

電気のように発火や低温やけどを心配しなくていいからペット用に良いかも。というお声をいただいたり、入院されている方への贈り物としてご相談をいただいたりしました。

noteではヌカモフチームが思いを綴っています。

身体だけでなく、心もほかほかにあたたまるエピソードを公開中。

第1弾 「あたためること」は、いちばん記憶にのこる愛なのかもしれない。

第2弾 大好きな「コイツ」にあたらしい役割が生まれたよ。

もうヌカモフを購入された方も、まだの方も心まであったまっていただけます。

URL:https://note.mu/nukamofu/n/n80d13cb837ed

1月12日「これからの’ブランド’ってなんだろう?会議。」開催!

そしてクラウドファンディング終了前最後の体験イベントが

今週土曜日にALLYOURSにて開催されます。

URL:https://www.facebook.com/events/1973182379386030/?notif_t=event_aggregate&notif_id=1547072403159215

ヌカモフのあたたかさが気になっている方はぜひこの機会に。

今年の冬は暖冬といえども、夜は冷えます。

繰り返し利用できるやわらかいあたたかさがみなさまに届きますように。

その他の記事

お問い合わせ