できる.agriに4社が新たに参画、農家さんの挑戦を形にするコミュニティが始まります。

本日10月25日(木)できる.agri実行委員会は、農家の挑戦を後押しするコミュニティ「できる.agriコミュニティ」の運営を開始いたしました。

また、8月29日に1周年を迎え、当行委員会に新たにfreee株式会社、ワークスモバイルジャパン株式会社、一般社団法人TheCAMPus、株式会社の人Lboseの4社が参画したことをお知らせいたします。

 

【本件の概要】
IT×農業の可能性を広げるコンソーシアム「できる.agri」が
農家と非農業領域人材のチームづくりを通じて、
農家の挑戦を後押しするコミュニティ運営を開始します。
プロジェクトの協働や6次化の支援などで、農家の熱意を形にします。

 

【本コミュニティで取り組むこと】

1)非農家人材を巻き込み農家の「やりたい!」をサポート
6次化支援やりたいことを実現するためのパートナー探しをスムーズにします。
現在すでに
▽「食育につながる野菜の絵本づくり」
▽「アパレル企業とコラボした米ぬか活用商品づくり」などのプロジェクトが進行中です。
農家の「やりたい」に共感した非農業領域人材が集う形での協働が生まれる仕組みです。

2)篤農家とノウハウ共有が可能
これから何かに挑戦したい農家が、挑戦を形にした先進農家たちからノウハウの共有が受けられます。できる.agriの参画企業メンバーや掲載農家の方々がコーディネーターを務めるなど、
経歴もさまざまな方がマッチングすることで、次々と新しいものを生み出していきます。

3)参画企業からソリューションを提供
クラウド会計(freee)から、農地の管理(アグリノート)、クラウドファンディング(CAMPFIRE)まで、
農業のあらゆるステップに対応した企業が参画しています。

 

【実行委員会参加企業・団体】

 

【今回の新規参加企業・団体と提供サービス】

LINE WORKS(ワークスモバイルジャパン株式会社提供)

LINE WORKS(ラインワークス)は、LINEの使いやすさはそのままに、仕事でも安心の「仕事仲間と使えるLINE」です。チャット機能に加え、無料通話、掲示板、アドレス帳、メール、予定表、ファイル共有、ログ管理など仕事に必要なすべての機能を1つのアプリで網羅。すべての機能をスマートフォンだけでストレスなく利用できるよう設計されています。LINEを使ったことがあれば導入教育不要、はじめて仕事でチャットを利用したい方に最適なツールとなっています。

TEAMKIT(株式会社Lbose提供)

TEAMKIT(チームキット)は、実績と繋がりで信頼を可視化することで、プロジェクトのメンバー募集や参加を促進する「プロジェクトシェアプラットフォーム」です。これまで見えなかった「信頼」を可視化し、これまで巡り合わなかった「縁」を創造することで、”個の時代”に適したプロジェクトの流通インフラを作ります。

freee(freee株式会社提供)

freeeフリー)は無料から使える、シェア No.1 のクラウド会計ソフト です。初めての決算書作成や確定申告も、簡単に行えます。中小企業の経理・会計を自動化し、時間を削減。消費税増税やマイナンバー制度など税制・法制改正に無料で自動対応するから安心です。

The CAMPus(一般社団法人TheCAMPus提供】

The CAMPus(ザ・キャンパス)は、インターネットをプラットフォームとした『日本の農業の未来を担う若者たちの”ワクワク” を育むWEB マガジンタイプの学び舎』です。農について「知る」「触れる」「鍛える」「伝える」の4つのチャネル運営を通じて、『農』という視点から日本の明るい未来を切り拓いていきたいと考えています。

【お問合わせ】

当実行委員、および本コミュニティへご関心をお持ちの方は、ぜひ問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください!

http://dekiru-agri.jp/#contact

 

その他の記事

お問い合わせ