「三方よし」理念のもとで試行錯誤ーー環境制御装置で収量3割増しに

三方よし。「売り手も買い手も満足し、社会貢献もできるのが良い商売である」という、近江商人が大切にしていた考え方です。

この「三方よし」を経営理念に掲げるのが、千葉県の旭市でキュウリ、トマト、チンゲンサイを栽培する小島農園の小島正之さん、裕美さん夫妻。

関わる人みんなが幸せであるように、との思いが込められた経営理念のもと、日々安心安全・新鮮な野菜を消費者に届けています。

ハウスの環境制御装置も導入し、収量はそれまでの3割増しに。その裏には試行錯誤の積み重ねがありました。

日々ひたむきに野菜と向き合いながら挑戦し続ける小島さん夫妻にお話を伺いました。

 

キュウリの芽はどこ? ゼロから始まった施設栽培

 

正之さんのお父様の代までは椎茸農家だった小島農園。種苗会社での研修がきっかけで、正之さんの代から施設でのキュウリ栽培を始めました。当初は20a(アール)だったハウスも、今ではトマト・チンゲンサイも加えて1ha(ヘクタール)に拡大。それに加えてコシヒカリも栽培しています。自身の代から施設でのキュウリ栽培を始めたことによる苦労も多かったと正之さんは語ります。

 

 

種苗会社でのキュウリの研修なんて、周りはみんなキュウリ農家の息子ばかりですよね。それに対して自分は素人。キュウリの芽がどちら側にあるのかもわからない。みんなは「何やってるんだ」というような目で見ていました(笑)。

種苗会社での1年が終わり、実家にハウスを建てて栽培を始めました。最初の年は成功しましたが、毎年となるとそうもいきません。べと病が出て生い茂っていた葉がなくなってしまったときには、スカスカのハウスを見て途方に暮れていたといいます。

奥様の裕美さんも当時の苦労を語ります。

作り方もゼロから学んだので、なかなか作業が終わらなくて。電気をつけながら、みんなで夜中まで蔓下ろしやパック詰めの作業をやったりしていましたね。とにかく仕事は終わらせなくてはいけないので、初めの頃は夜なべばかりでした。

結婚を機に就農した裕美さんにとっては、慣れない仕事ばかり。目の前の仕事を必死でこなした最初の10年が過ぎた頃、ようやく基盤も安定し余裕も出てきました。

 

 

農水省がバックアップする女性農業者の取り組み「農業女子プロジェクト」には発足当初から参加、情報を得るのに役立っていると語ります。

マルシェの情報などをいつもいただいています。「次世代を育てるためにも参加してみようかな」と思い始めたところです。先日もプロジェクトを通して知り合いになった方たちと、ごはんに行ってきました。農業女子プロジェクトのようなつながりがなかったら、全国にいる人と知り合いになることはなかったと思います。

先日もプロジェクトの一環で、トラクターの研修を受けてきた裕美さん。

トラクターの乗り方を人に教わる機会は、なかなかないですよね。回転数やターンのことも改めて学ぶことができる。そういう情報があるのはありがたいですね。

つながりの中では、和郷園グループの仲間たちの存在も大きいといいます。

和郷園は、栽培している品目がバラバラの農家が集まっているので、いろんな考え方の人が集まっているんです。議論が自由闊達ですね。触発もされましたし、すごく勉強になったと思います。

 

「関わる人みんなが幸せでいてほしい」三方よしの経営哲学

 

5年ほど前から、小島さん夫妻は自分たちだけではなく、関わる人全てが幸せになるような農業を目指すようになりました。それが”三方よし”という経営理念。

 

 

“三方よし”を考えるきっかけとなったのが「野菜が多く採れている時は価格が安く、少ない時は価格が高い」という現実でした。

収量が減っているときの方が、単価が高い。やり方を変えないと、このままでは生産量を増やすことも規模拡大することもできないのではないか。

そう考えた正之さんは、新たに生協にも野菜を卸し始めました。

生協さんとお付き合いを始めた最大のメリットは、価格が決まっていることでした。「キュウリが3本で100円」と決めて取引をすれば、ずっと100円のまま価格が変わりません。増産していけば一定の収入を見込むことが可能ですし、それに付随して安心・安全をうたうこともできます。生協さんとも、肥料や栽培作物についての提案をしあえるような関係性にもなってきました。

更に短時間での出荷を追求する中で出会ったのが、スーパーの中で農産物の直売所を運営するインショップでした。インショップでならば、出荷の翌日に野菜を消費者へ届けることができます。一定の価格を見込むことができるのも大きなメリットでした。

「チンゲンサイが甘くておいしいです」という言葉を消費者からいただきました。出荷の翌日に届けられた新鮮な野菜だからこそ、そういう感想が生まれたんじゃないでしょうか。

1020年かかって、これまで思い描いていた三方よしの考え方を現実にすることができているような気がしています。

関わる人みんなが幸せでいてほしいーー。そんな理念がだんだんと形になっているのです。

 

 

経験があるからこそできたITデータ活用

 

新しいことを貪欲に取り入れていく小島さん夫妻。3年前に新たに導入したのが、ハウスの環境測定装置です。

当時、地域のなかでは、ほかに環境制御装置を導入している農家はいませんでした。そのなかで正之さんに影響を与えたのが、ある先輩の存在だったのです。

 

 

試行錯誤している先輩がいたんです。試行錯誤してやり方が明確になってくるなかで、桁違いの数量が採れていました。その先輩のやり方を見習って栽培するなかで、

「もう少し収量と生育環境の関係性を数値できちんと管理すれば、もっと採れるんじゃないか?」という思いが出てきたんです。

同じ思いを持つ仲間たちと議論しているときに、話に登場したのが環境制御装置でした。収量と生育環境の関係性を数値で見てみたい。そんな思いから仲間たちと一緒に導入しました。

当初はデータの見方や最適値が分からず戸惑いましたが、疑問を解消してくれたのがメーカー担当者のアドバイスでした。

「午前中の温度はできる限り下げて、二酸化炭素を多くしてください」という内容のマニュアルをいただいたんです。仲間たちと基準を揃えて温度を下げたところ、初めの年はあまり実感できませんでしたが、その次の年には収量が30%増になりました。

“採ろう”という向上心のある仲間たちと一緒に、基準を揃えて温度を下げたことで、環境制御装置の力が十分に活かされたのです。

 

 

状況を数字で見られることは、最適な環境をスタッフさんに伝える際にも役立っています。肌感覚での温度・湿度調整は自分でも掴むことが難しく、それを他人に伝えるのは更に困難なことでした。それがデータ化されることで最適な温度・湿度を具体的に伝えることができるようになったのです。

奮闘する正之さんの姿をずっと見てきた裕美さんはこう語ります。

環境制御装置を導入して、データと今までの経験を合致させてすぐにうまくいったのは、それまでの勉強や観察の積み重ねが大きかったのではないでしょうか。彼は、人の何十倍も観察したり、読んだり、すごく勉強をしているんですよ。ITのデータと今までの経験がマッチして結果が出たんじゃないかなと思います。

そんな正之さんに、これから農業ITを導入したい方に向けてのアドバイスをいただきました。

意固地にならないで入れてみて、その結果を純粋に受け入れるのが一番いいと思いますね。

先入観を持たないで真っ白な状態で導入してみて、その感想を純粋に受け止める。そんな試行錯誤の積み重ねが、”関わる人みんなを幸せにする農業”を形づくっています。

 

その他の記事

お問い合わせ